東欧にいきたい

今、東欧が熱い!

数年前、中国に多くの注目が集まりました。
オリンピック景気や、人口増加、経済成長などなど、色々な要素を踏まえて、めまぐるしい成長に期待が集まったし、今でも注目度大です。

他にも、BRICs (ブラジル、ロシア、インド、中国)は、私のいる金融業界でも注目度は高いです。

そんな中、いくつかの運用会社が、東欧関連のファンドを立ち上げてきています。
ルーマニア、ポーランド、などなど…
たぶん、現在で一般の人たちが証券会社や銀行などで買える公募投信は、3~5種類程度だったかと思います。 余談ですが、個人的に、イー・トレード証券でも買える、ソシエテ・ジェネラル・アセット・マネジメント社の東欧ファンドに興味があります。

東欧は、行った事がないのでどんな国なのか、検討もつきません。
ただ、先日、上司が欧州出張のついでに、某東欧の国を視察しに行ってきたのです。
そして、大感動して帰ってきました。
ぜひ投資したい、と。

投資対象としてすばらしいっていうことは、これから観光にも力を入れていくだろうし、
欧州の中国的存在として力を伸ばしていく可能性はおおいにあると思います。
先週のニューズウイークにも、低賃金労働力を求めて、欧州の自動車会社が工場を作ったり、巨額の設備投資をはじめたりしだしている、といった記事が特集で載っていました。
国民性も、勤勉とのこと。
留学していたときに同じクラスにいたポーランド人の兄姉は、たしかに勤勉でした。

そんなにスゴイとは知りませんでした。
とっても失礼なんだけど、ソ連崩壊後、細々と復興活動しているマイナーな国、という意識しかありませんでした。 私の無知さだけではなく、日本ではあまりに情報が少ないということもあるんじゃないかと思います。

よくわからないけど、すごそう。

見てみたいじゃないっ!! 
日本で情報があんまり入ってこないなんて、逆に見てみたくなるじゃないっ!!

そして、旅行大好きな友達に聞いてみたら、近々、長期旅行計画があって、ちょうど私の行ってみたいあたりに行く可能性が高いとのこと。  現地で合流できるかも!!
これは運命!?
ってことで、東欧旅行計画たててます。

ほんとは、アメリカに行こうかと思ってたんだけど…。

大事なのは、ノリと勢い!
[PR]
# by optimizm_travel | 2005-07-23 11:25 | 旅の予定

2005年4月28日 ポルトガル到着

d0046017_22543396.jpg
NYから6時間半、コンチネンタル航空の直行便でリスボンに到着。
NYの夜に出てリスボンの朝に着いたので、文字通り、機内泊。
食事やスナックが出たり、飲み物が出たりで、落ち着かなくて3時間くらいしか寝られませんでした。完全に寝不足&時差ぼけ。

朝到着だったため、仕事を休んでくれた友達がリスボン観光に連れて行ってくれました。

リスボン観光
[PR]
# by optimizm_travel | 2005-04-28 08:37 | 2005 4月(ポルトガル、NY)

2005年4月27日 NJ友達訪問

夜のポルトガル出発便まで時間がたっぷりあったので、
午前中はPenn StationあたりのNY散策(Macy'sのあたり)、
午後はニュージャージーに住む最近男の子を生んだ友達夫婦訪問。

More
[PR]
# by optimizm_travel | 2005-04-27 05:31 | 2005 4月(ポルトガル、NY)

2005年4月26日② サンフランシスコ経由 NY着

時差のため、同日到着。

NYのJFK空港には夜の20時頃に到着しました。
タクシーだと高すぎるため、そのへんにいたSuper Shuttleでホテルのあたりまで16ドル+チップ。 同乗者は日本人の男の人一人、ドイツ人男性二人、ニューヨーカーの女の子一人と私。フリーウェイにいるときはフレンドリーだった運転手のおっちゃん、マンハッタンに着くと、なぜかいきなり不機嫌になり、隣で信号待ちしてる車に悪態つきまくり! あまりに態度の悪いおっちゃんへと豹変した挙句、ホテルから1ブロック離れたところでおろされちゃいました。 まぁ、タクシーじゃないし、安いし、仕方ないか~と思いつつ、ホテルへ向かいました。

宿泊したホテルは、Penn Station前のHoward Johnson @ Penn Stationです。
次の日、チェックアウトしたあとニュージャージーに住んでいる友達を訪問した後、Newark空港からポルトガルに発つ予定だったため、ニュージャージーまで行きやすいPenn Station近くに泊まりたかったのです。

このホテル、ちゃんと予約していって、予約番号も控えて行ったのに、カウンターで「名前がない」「プリントアウトしたのじゃないとダメ」と言われました。 でもなんとか部屋を確保してもらいました。 値段は、タックス込みで131ドル。 NYで、このロケーション&時期でこの価格は、破格です。 設備はごく普通なのですが、部屋が広かった! ダブルベッド二つのベッドルームと、リビングルームのような部屋。 ただ、足音がけっこう響いてました。 疲れていたため爆睡したため気になりませんでしたが…。 朝はベーグルやマフィンなど、無料朝食付きでした♪

あ、でもカーテンがちゃんと閉まらなかったので、そのへんにあったハンガーを駆使して止めました(笑)

d0046017_2147367.jpg

[PR]
# by optimizm_travel | 2005-04-26 21:51 | 2005 4月(ポルトガル、NY)

2005年4月26日① 成田出発

夕方発・サンフランシスコ経由NYのJFK空港行きのユナイテッド
での出発だったので、スーツケースを東京駅のロッカーに預けて、午前中だけ出社。 
半休をいただいて、いざ出発!

2時間前に行ったのですが、GWピーク前日とのことで、UAのカウンターは激混み!
おまけにターミナルが遠すぎ! 出国審査の後、歩いて20分くらいかかりました。
結局免税店を見る時間もほとんどなく、出発。
d0046017_20364950.jpg
(右写真はamazon.co.jpより)
今回の旅のお供は、斎藤薫さんの「ちょっと過激な幸福論」
1つの話が2,3ページで書かれていて、とっても読みやすい。
「女はバッグをたくさん持つべき」だなんて、購買意欲そそられる~♪
こういう軽く読めて気持ちが上げられる本って、旅には最適かも♪

もうひとつ、旅には欠かせないのが、換金。
旅行中は円高万歳!ですよね。
今回の旅は、旅の直前に106円くらいで、徐々に円高になり105円前半までいってくれました! ラッキー♪

換金について気がついたこと。
[PR]
# by optimizm_travel | 2005-04-26 05:37 | 2005 4月(ポルトガル、NY)